So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

アレッツォ [旅行♪]

ロンドンからピサへ。

ロンドンからイタリアの目的地に行くルートを探すと
やはり格安航空券を使うので今回はピサが便利。

ピサは何度行っても楽しいので帰国時に寄ることにして
ピサから鉄道を利用してフィレンツ経由でトスカーナ州のアレッツォ(AREZZO)に行く。
それほど大きくない町で駅から歩いて旧市街へと行ける。

駅から旧市街まで歩き適当な宿を探すと、
広場が見えるホテルを見つけた。

具合よく空室で窓から見える部屋を取れた。


DSC_9349.JPG

窓を開放すると眼下に広場。
周囲にはレストランや骨董品店などが並ぶ。



DSC_9351.JPG

この広場ではこんな時代絵巻が繰り広げられるのでしょう。
ホテルのパンフレットにあった。

DSC_9455.JPG

まさにこの広場だ。

DSC_9549.JPG

イタリアのこんな路地にはVespaが似合う。

DSC_9531.JPG

日が暮れると町の歴史的なポイントにはライティングがされて美しい

DSC_9392.JPG

おみやげ屋さんのウィンドウを見るとこんな模型も売られていた。

DSC_9453.JPG

サン・ミケーレ教会

DSC_9400.jpg

聖堂内部ですが
静寂な空間の奥にある祭壇画に惹かれた。

DSC_9403.jpg

ネーリ・ディ・ビッチ 
『王座の聖母子と聖人達』

DSC_9408.JPG

イタリアのアレッツォ フィレンツェから鉄道で1時間弱で行ける。

スクリーンショット 2016-01-02 08.41.20.png

映画『ライフ・イズ・ビューティフル』1997年ロベルトベニーニ監督。
この町アレッツオで撮影された。
ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD










イタリアのショップデザイン―ファッションブティック,各種専門店,レストラン&バーなど52店を収録 (別冊商店建築 (98))

イタリアのショップデザイン―ファッションブティック,各種専門店,レストラン&バーなど52店を収録 (別冊商店建築 (98))

  • 作者: 堀本 洋一
  • 出版社/メーカー: 商店建築社
  • 発売日: 1998/11
  • メディア: ムック





ナショジオ海外旅行ガイド イタリア (ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド)

ナショジオ海外旅行ガイド イタリア (ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド)

  • 作者: ティム ジェプソン
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2000/09/08
  • メディア: 単行本








保存保存
nice!(52) 
共通テーマ:旅行

これもパリの街 [旅行♪]

パリに行った

散歩していてダリの特長ある顔を建物の壁に見つけた。

Dali.jpg

保存保存

続きを読む


nice!(75)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アズレージョ [旅行♪]


アズレージョ( Azulejos)技術は古く、エジプト、メソポタミア文明に見られ、
北アフリカでは古くからセラミックのモザイクが作られていました。

イスラム教とともにアラブ人によりスペイン経由も含め、
14世紀〜15世紀ころにポルトガルに伝わったとされている。
また、1580年にスペインに60年間併合されてた時代に大きく影響されました

本格的に工房が作られて大量に模様タイルの生産は17世紀頃になります。

ポルトの市内にある聖母マリア教会の外壁は見事なアズレージョです

DSC_7182.jpg

続きを読む


nice!(72)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ポルトの市場 [旅行♪]

 ポルトガルのポルトの市場に朝早く出かけてみた。

DSC_7406.jpg

続きを読む


nice!(82)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ポルト [旅行♪]

ポルトからギマランイスにバスで行き、ブラガを観光しバスでポルトに戻って来た。
ポルト空港からロンドンに空路戻るので最後に観光をするのが都合いい。

旧市街地はポルト歴史地区としてユネスコの世界遺産に登録(1996年)されている。

Historical part of Porto and Douro river.

※ 画像はどれも画像をクリックで大きく見れます。
大きな画面で見られることおすすめします。

ドン・ルイス一世橋.jpg

続きを読む


nice!(45)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブラガ [旅行♪]


ポルトからギマランイスそしてブラガに路線バスで移動してきました。




DSC_6493.jpg

続きを読む


nice!(44)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ギマランイス2 [旅行♪]

 
 旅行ガイドを読んでも、たいていシーズン時の写真が載っていて
そういう時期にはこの広場もパラソルが乱立し、テーブルや椅子で満杯。
世界各地から旅行者が訪れるのだろう。

そんな時期じゃなくてよかった。
歴史ある街を静かに味わいたいと思っていたからです。

オリベーラ教会そばのオリベーラ広場。
IMG_4466.JPG


続きを読む


nice!(57)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ギマランイス [旅行♪]


ギマランイス(Guimaraes)はポルトの北東40キロ、
鉄道路線では60キロに位置しています。

初代国王が当地で誕生していることから、
ポルトガルの発祥の地とされる。

 ユネスコの世界文化遺産の町。
中心部のギマランイス歴史地区には今も
中世の街並みが残されていて、
14世紀頃に建てられた住宅がそのまま
維持されている家々もあるという。

 ポルト空港に到着してギマランイスに行くには
空港からポルトの中心部まで行くと予定していたが、
空港で情報を得ると、目的地まで直行バス(£8)が出ているとわかった。

幸運にもあまり待たずにバスが来たので、早速乗り込む。


IMG_4346.JPG



続きを読む


nice!(53)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ポルトガル旅行 [旅行♪]


ポルトガルのポルト周辺を旅することにした。

使用した航空会社は Ryanair を使った。

 Ryanairはアイルランド1985年設立のローコスト・エアラインで
今や300機が稼働、世界一の搭乗者数を誇り、28カ国をルートに持つ。


初飛行はアイルランドのダブリンからロンドン路線で最初の座席数は15席でスタートしたという。
今や従業員数8500人以上、所属パイロットは1200人。
乗客は年8000万人が利用というまで拡大しています。 ライアン=Ryanは創業者の名前)

格安航空の記事は以前にも書いていますここを参照


IMG_4338.JPG

写真はピサ空港に向う途中。

続きを読む


nice!(54)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウィンドウ・ディスプレイ [ロンドンの街]


今年のイースター(復活祭)は4月8日
街ではいたるところでイースターが近いことを感じさせる

その飾り付けを見たり並べられた商品を見るのもたのしい。

IMG_4202.JPG

続きを読む


nice!(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上海 [旅行♪]


ラッキー~

空港に着いて一番初めにしたキャッシュマシン。

IMG_4054.jpg


中国元は、持ってきていないのでここで
カードで「元」を調達

この両替法が一番お得とか。
手数料もこれなら最安でできると思う。

これで当面の現金は確保。最終余ったらいつか、
各国通貨が使用できる 免税店で使い切りすればいい。

続きを読む


nice!(32)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アッピンガム [英国内での好きな風景]

ロンドン・ヴィクトリア駅そばのコーチ(バス)ステーションから
北上して、レスター(Leicester)まで約2時間40分ほど。



IMG_2451 のコピー.JPG


バスをレスターで乗り換えレスターとピータバラの
中間くらいに位置するアッピンガムに行ってきた。

747 Uppingham行き        18(バス停番号)   11:26 発

IMG_2463 - バージョン 2.JPG


どこかイギリスらしい田舎町に行きたいと考え、
とりあえずレスターまで行き、トゥーリスト・インフォメーションで
近郊の古きイギリスが残っていそうななところを教えてもらった。

IMG_2467.JPG


アッピンガムまでのバスでの移動中は美しい。
地形的にも食肉用家畜の生産と牧畜が盛んなので、
なだらかな勾配の丘がどこまでも続く。

時折、羊や牛、馬が見える。


IMG_2518.JPG




到着してまずはカフェ&レストランで焼きたてのスコーンに紅茶。
クロッテッドクリームティーを注文した。



IMG_2485.JPG

かやぶきの古い家が残っているのはうれしい。






IMG_2474.jpg

トピアリーがかわいらしい


DSC_4191.JPG


静かな町です


DSC_4254.JPG

あまり人が歩いてないのも自分好みだ。


DSC_4229.JPG

旅行日 2015年1月21日


nice!(40) 
共通テーマ:旅行

2月17日の散歩 [ロンドンの街]



 夕方、散歩に出かけた。

ウォルトン通りから歩き始める。


DSC_0657.JPG


新しくまた店ができるんだ。


DSC_0689.JPG


レストランですね。


DSC_0693.JPG


ジェリー・アンダーソン (Gerry Anderson)の特撮人形劇が大好き。

サンダーバードもいいけどキャプテンスカーレットも好きだ。


DSC_0687.JPG


当時のポスターかと思ったら新たに油絵で描いている。


DSC_0670.jpg



DSC_0672.JPG


ウィルトン通りから歩いてキングス・ロードに出た。


DSC_0759.JPG


着物を着た日本女性の前の机上にある物は・・・


DSC_0768.JPG


模型のロケットと塗料缶


DSC_0765.JPG


大きな顔写真?と思ったら、


DSC_0862.jpg


油絵でした。


DSC_0868.JPG


暗くなって来た。今日はここまでにして帰ろう。


DSC_0847.JPG
 
 スクリーンショット 2014-05-04 11.16.45.png
 
     
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 

nice!(66) 
共通テーマ:旅行

バレンタインデーの翌日 [ロンドンの街]

 バレンタインデーは男性が女性にバラの花束を渡すのが一般的
それにカードを添えたりする。

 昨日は街で男性が花束を抱えている風景が見られましたが、
今日はその翌日。

 まだ暗いうちにポートベローマーケット(骨董街)に出かけましたが 
家を出てすぐにバラが道に落ちてました。
悲しそうに見えます。

Rose.jpg


 右手ガラスケースの下段にはいつているのは昔のビールの容器
100年ほど前のゴミ捨て場を掘り当てると、当時のビンや陶製の容器など
ざくざく出てくるとか。
そんな物が洗われてまた価値を持ち今の時代によみがえるという。



昔のビールビンほか.JPG


 ある人にとっては不要な物
別の価値観をもって探し歩く人もいる。


Mag など.JPG


 ジョン・レノンとオノ・ヨーコの表紙の雑誌を見つけた。
自分の物にしなくてもそんな物を突然見られるのが楽しい出会いだ。

 そういえばオノ・ヨーコさんとばったりロンドンの街で出会ったっけ。
優しい物腰で『いっしょに写真を撮りましょう』と言ってくれたのが
思い出されます。


雑貨.JPG


 どこのどんなところにあった木彫りの彫刻なのだろうか、
店主の集める物にも興味がいく。


木彫り.jpg

 店の留守番を頼まれているらしい。
この店の年輩の女性店主にいつも寄り添っている。

Jack Russel Teria.jpg




nice!(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sunbury Antiques Market [ロンドン 観光スポット]

 アンティーク・マーケットに足を運ぶ日の朝は早い。

 ロンドン・ヴィクトリア駅まで徒歩で行く途中、
薄暗い中でプライベート・パークにラッパ水仙が満開



DSCN7607.JPG

 Sunbury Antiques Market at Kempton Park
 ケンプトン競馬場で定期的に開かれるマーケットにヴィクトリア駅から乗り込む
(ウォータールー駅からも電車は出ています)

 この日は15番線06:06発往復14ポンド。


DSCN7621.JPG

 停車する一駅目、クラハム・ジャンクションでプラットホームを乗り換えのため
11番プラットホームへ移動


DSCN7627.JPG

 ケンプトン・パーク駅には06:56着(無人改札駅)

 すぐ駅前に競馬場が見えるので入場無料で会場へ
 (多くのアンティーク・マーケットは入場有料が普通です)

すでに会場では多くの人でいっぱい


DSCN7641.JPG

室内会場と野外の会場があり
家具など大物は野外に出店されている。


DSCN7654.JPG

アンティーク以外にジャンク品など見歩くが
生活用品など幅広い展示


DSCN7662.JPG

掘り出し物が見つかるかもしれないですね。


DSCN7654.JPG



DSCN7675.JPG




DSCN7681.JPG



DSCN7692.JPG

この日は天気もよくなかったので早めに会場を去りました。
プラットホームでは購入した品物を
運ぶ姿が見られたりします。


IMG_1201.JPG




Sunbury Antiques Market

Sunbury Antiques Market at Kempton Park attracts well over 700 stallholders
with 350 stalls throughout our indoor halls and over 350 stalls (all on hard standings) in our outside drive in area.Free Admission Free Parking Opens 06.30 NO Trade Cards Required Over 700 Inside And Outside Stalls



nice!(43) 
共通テーマ:旅行
前の15件 | -