So-net無料ブログ作成
検索選択
不思議の国のアリス ブログトップ

ギルフォード・ミュージアム [不思議の国のアリス]

 ギルフォードの旅行案内所の人に聞いたら
ルイス・キャロルの家にあった遺品が町のミュージアムに
展示されているということで、寄ってみました。 

Guildford Museum (1).JPG

続きを読む


nice!(73) 

ルイス・キャロルゆかりの地 No,2 [不思議の国のアリス]

 「鏡の国のアリス」の彫像作品を見て塀沿いに歩って行くと高いレンガ塀の下部にこんな細工が。

猫が出入りするために作ったのでしょうか。

Guildford_2265.JPG

続きを読む


ルイスキャロルのゆかりの地 [不思議の国のアリス]

 「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル
(本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン)には遺産として
父親から受け継いだ家がロンドンから43キロ南西にある郊外の町
ギルフォード(Guildford)にありました。

そこには彼の家族の未婚の姉妹たちがが住んでいて、
1898年ルイス・キャロルがこの家で風邪をこじらせて肺炎で亡くなった後も
姉妹達はここで生活をしました。

ルイス・キャロルはオックスフォードに住んでいたのですが、
毎年必ず40日ほど、この家に戻ってきて休暇を過ごしました。
また、この家に滞在中にも執筆活動もしていて、
記録では、この家で「鏡の国のアリス」は書かれたとわかっています。

Guildford_2244.JPG

続きを読む


nice!(103) 

アリスのドールハウス [不思議の国のアリス]

『・・・・・もうこれ以上大きくならないといいんだけど・・・・』

『今だって、もうドアの外に出られないわ』

そんな「不思議の国のアリス」の話のイメージをもとにドールハウスを作ってみました。

アリスのドールハウス_1209.JPG

続きを読む


nice!(110) 

アリスのティーパーティー [不思議の国のアリス]

 

不思議の国のアリスの物語の中から、

A Mad Tea-Party に出てくる挿絵をもとに革と金属で手帳を作ってみました。

Tea Party 21313-.JPG
写真に写るのは、本は1862年(Paris)出版の古書。1977年にバリ島を訪れた時に骨董屋で求めた石製守護神。
1978年にインドを旅した時に購入した純銀製の小箱、ハンドメイドの鍛金作品。

 

続きを読む


不思議の国のアリス手帳 [不思議の国のアリス]

 

ルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』の物語に描かれている
ジョン・テニエル(John Tenniel 1820-1914)の挿絵から。 

庭師が間違えて白いバラを植えてしまったのでバラを赤く塗り替えているくだり。

そんなシーンを表紙に手帳を作りました。

gardener613-.JPG

続きを読む


不思議の国のアリス [不思議の国のアリス]

 
「不思議の国のアリス」(原作ルイス・キャロル)
挿絵(ジョン・テニエル)に着想を得てつくりました。



CHAPTER7(第七章)
「A Mad Tea-Party 」の場面から

 

続きを読む


不思議の国のアリス [不思議の国のアリス]

ロンドンのピカディリーサーカスに近い食料品の強いデパート
フォートナム&メイスンのクリスマスへ向けてのウインドウが変わりました。

さっそくウインドウ・ディスプレイの写真を。

なかなか凝っています、不思議の国のアリス
  

Alice's Adventures in Wonderland


続きを読む


ルイスキャロル 直筆本 [不思議の国のアリス]

大英図書館収蔵品ルイス・キャロル、挿絵ジョン・テニエル「不思議の国のアリス」直筆原本です。

1991年に大英博物館を見学した時にガラスケースに展示されていて、
写真を撮りました。
(当時は博物館と図書館が一緒になっていました。その後、図書部門はキングスクロスに移動)

毎年何度も訪れていますが、この本の公開はされず今に至っています。

移転した大英図書館で公開して欲しいものです。

かなり大きい図版です記憶では縦45センチ横30センチ(1ページが)ぐらいか。
見開きだと45センチX60センチほどと大きな本です。
残念ながら展示されていたページ以外は撮れませんでしたが、
有名なジョン・テニエルの挿絵のページが開かれていました。

 

続きを読む


nice!(14)  コメント(21) 

不思議の国のアリス [不思議の国のアリス]

アリスの本を見つけたので買いました。

クロス・バインディングといって布張りの
ちょっと古い製本方法です。


1940~50年代か。痛んではいるものの、
落丁なしで豊富なイラスト入り。

26cmX21cmX3.5cmかなり厚い本です
本の後半部分は鏡の国のアリス

続きを読む


nice!(5)  コメント(14) 
不思議の国のアリス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。