So-net無料ブログ作成

チェスキークルムノフ チェコ [旅行♪]

世界遺産に指定されているチェスキー・クルムノフに行きました。
ブルタバ川が蛇行してできた中州に町はあり、
プラハから約170キロのオーストリアに近い方角。

そこでマンホール・チェック!前回のロンドンでの記事にするほど写真はないので
しっかりした町の名前も刻まれた1枚。

チェスキー・クルムロフって記されている。

町並みは世界遺産の名に恥じない美しさ。
まるで、中世の物語にでてくるそのままのようだ。

 どこを見ても絵になる町とはこういうことか。

先ずは宿泊したホテルの部屋の窓から風景を撮ってみました。

 

ホテルの宿泊した窓から左方向にはこんなお城の風景も見れました。

ホテルの屋根も左下に写ってますが、赤いレンガ色。

 

 

 この町の道は細く中世の面影を残す。

 

 小さな町なのでゆっくり歩いても充分、街を満喫できます。
絵本でも書きたくなるような雰囲気がある町です。

 川を渡って高台にはチェスキー・クルムノフ城があり、城の周りを囲む堀には
昔イタリアから贈られたくまが今でも飼われている。

 宿泊したのはホテルの最上階、屋根裏部屋のようなインテリアがよかった。
木の柱が印象的。実際の屋根の傾きが天井の傾斜となってわかります。

 

ここの町の見所は散歩で、このような眺めを楽しむ所にあります。

 

 なだらかな丘陵地帯には田園風景も広がります。

 

チェコ料理を売り物にしているレストランに入りました。

チェコ料理は洗練されている料理ではない感じを受けますが、
それはそれで郷土色豊な伝統料理を楽しむということで、
満足のいくものですが、メニューもわかりにくくて、
出てきた料理はこのようなものになりました。
石造りの洞窟のような店で雰囲気はありました。

チェコといえばラガービールの発祥の地、
どこでもよく飲まれています。

 

プラハとかの都会的な町と違い、チェコの昔を想像するのに
じゅうぶんな雰囲気をもったところでした。

この町からさほど離れていないチェスケー・ヴディオヴィッツェの記事も
ご覧ください。 

 

Bradt Travel Guide Czech Republic (Bradt Travel Guide)

Bradt Travel Guide Czech Republic (Bradt Travel Guide)

  • 作者: Marc Di Duca
  • 出版社/メーカー: Bradt Travel Guides
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: ペーパーバック

The Great Country Houses of the Czech Republic and Slovakia (Great Country Houses Of...)

The Great Country Houses of the Czech Republic and Slovakia (Great Country Houses Of...)

  • 作者: Michael, Lord Pratt
  • 出版社/メーカー: Abbeville Pr
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: ハードカバー

 


nice!(20)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 20

コメント 30

ねこの手

おとぎの国みたい!!
どこを切り取っても、絵葉書になっちゃいそうですね。
「城の周りを囲む堀にはくまが飼われている」って
なんか、スゴイ!!お城を守っているのかな?
by ねこの手 (2006-06-18 14:43) 

おおーー。いいですね~
今度はチェコですね、チェスキークロムノフですか、おぼえました(^^v
絵本といえば、安野光雅の「旅の絵本」っていうのがあってたしか
この辺も描かれているかも??でも、こうしてみると地形なんかは日本の地方と変わらないような?建っている建物や道の美しさの違いなのでしょうか?
by (2006-06-18 14:45) 

SACHI

美しいのと可愛らしいのと、街並みを見てると気持ちが
豊かになれそうです。
絵本・・・、のんびり街を歩いているだけでなにかイメージが
湧きそうですね♪
ビール・・・・、ビール飲めないんですよ~~っ(><)
OL時代は美味しいって思えたのに・・・。
by SACHI (2006-06-18 14:53) 

noriko

ロンドンからチェコへはどのくらいの時間で行けるものなのでしょうか?

それにしても素敵な町並みですねー。
ホテルの部屋も可愛らしい!!
by noriko (2006-06-18 15:05) 

レンガの屋根がいいですね。ちょっとパラボナアンテナが現代風にアレンジしてくれていますが。
ホテルがいいと、旅の印象がぐっと良くなりますね。料理のおいしそうです。
by (2006-06-18 15:21) 

m25

チェスキー・クルムロフ、名前はよく目にしますが、
写真を観たことはありませんでした。

なるほど、かわいらしい街ですね。
赤茶の屋根が並ぶ様は、ちょっとブルージュを思い出したり。
(似てるかどうかは別として・・・。)

ホテルの部屋、すごく雰囲気あってよさげですね。
こんな部屋に泊まってみたい・・・。
そしてチェコのビールも呑んでみたい・・・です。

しかし、熊飼ってるって・・・、ペットですか??
うーん、写真見たかったです。
載せてないってことは撮られてないんでしょうか。残念。
by m25 (2006-06-18 17:28) 

いっぷく

ねこの手さん:
こういう小さな町は結構、みなさん撮る場所が似てきちゃって、
特に自分のブログで出さなくても情報取れるんですが、
部屋から撮った写真を中心に出してみました。

くまは昼寝中でした。堀に当たる場所が水でなくて、くまということで
侵入者を襲う役割だったのでしょうか、定かではありませんが。
by いっぷく (2006-06-18 17:35) 

いっぷく

よむねこさん:
ここはチェコでも代表的な観光名所ですからツアーなどにも組み込まれていることでしょう、
僕はプラハから鉄道利用でした、しかし、駅からはタクシーにも乗らずに
徒歩でこの町に行きましたが、山を下るような道もあったので
荷物は少ない方がいいですね。
やはりここは観光を大事にしていますので、新市街に行けばモダンなビルもあります。
特別守られた地区ということで伝統が守られている努力があるんでしょうね。
by いっぷく (2006-06-18 17:36) 

いっぷく

サチさん:
箱型の家に四角い窓、傾斜のある屋根、いつまでも変わらない風景。
いいですね、自分のふるさとを考えると、自分の住んでいた家は無く、
代わりに、なじみの無い建物が建っていて、道路も変った。
寂しい気がします。ふるさとの風景が残っていつの時代にも対応できる
建物はうらやましいですね。僕もビールは今は飲んでいません。
おいしいけど、少し我慢する生活も好きなんです。
by いっぷく (2006-06-18 17:37) 

いっぷく

てんとうむしさん:
ロンドンからパリまで1時間、時差1時間。
東欧だとせいぜい2時間というところでしょうか。

時々旧共産圏であったことが現在でも垣間見えます。
普通に働く人もなんとなく事務的過ぎてサービス感覚が乏しい。
景色からだけでは見えないものがあります。
by いっぷく (2006-06-18 17:38) 

いっぷく

好(ハオ)くん さん:
見つけました!ありますねパラボラ、気が付きませんでした。
ホテルのテレビもつまらなくて見ないですがパラボラ使っているのかも。
そういえば、電線、電柱、アンテナなどは観光地では邪魔ですね。
by いっぷく (2006-06-18 17:38) 

lishi

国が違うとここまで町並みが違うものなんですねぇ~
ヨーロッパに旅行するなら是非行ってみたい国です。
by lishi (2006-06-18 17:44) 

いっぷく

m25さん:
そうですね、似てますね、オーストリーの風景と言われてもそうかなって、
チェコはビール好きの人が多いことで有名ですね、一人当たり消費量は世界でもトップクラスでしょうね。

熊の謂れはあったようなのですがペットだったのかもしれません。
特に珍しく感じなかったのと、だれて寝ているようだったのでパスでした。
色は黒で大きかったです。えさは何を与えているんでしょうか、
インドで動物園に行ったら熊が、チャパティを食べていました。
by いっぷく (2006-06-18 17:46) 

いっぷく

lishiさん はじめまして。
国が違えば町並み違うというのはやはり一番大きな要因は、
一度造ったらこわれにくい石造りの建築物であれば、
建築当時の様式が維持されてしまうので、
外観はそのままで屋内を改造して現在も使用するということにもあるのではと思います。プラハも必見ですねlishiさん。
by いっぷく (2006-06-18 17:58) 

レンガ色に統一された町並みが、とても素敵ですね。
いっぷくさんは、本当にいろんなところに足を運ばれていて
うらやましいなぁ。
お料理は、なんでしょ、これ?
チキン?
お味のほどは?
by (2006-06-18 17:58) 

赤い屋根と白壁のコントラストが美しい町並みですね☆
世界遺産ですか…納得。
宮崎駿が見たら舞台にしちゃいそう(笑)
by (2006-06-18 18:08) 

あーろん

ほうきに乗って飛んでみたい街並です
ここまで建物のデザインや色合いが統一されていると
この街に暮らしてる人たちも一つにまとまってるような
気にもなってきますが、どうなんでしょうねぇ‥‥?

ホント、サッカーは予想が難しいです
by あーろん (2006-06-18 18:33) 

美しいですねぇ~。
海外旅行に行きたくなりました!
by (2006-06-18 19:41) 

いっぷく

maamさん:
チェコ料理って肉かシチューかというような印象です。
牛、ウサギ、鹿、ラム、ガチョウなどたくさんの肉料理があるようですが
多分牛肉だと思いますが、このとき店員さんに聞いて
伝統料理ということで出してもらったので正確にはわかりません。
メニューに配給制度の名残りかグラム数とかの表示があります、
味はおいしかったですが、再現できない味です。
by いっぷく (2006-06-18 20:05) 

いっぷく

hisana さん:
チェコに行けばここは外せない人気観光地のようです。
ツアーの日本人観光客も見かけました。
城あり、街あり歴史的建造物もいろいろあって見所あります。
by いっぷく (2006-06-18 20:10) 

いっぷく

あーろんさん:
ステキな発想ですね!気球もいいかもしれませんね。
やはり小道の多い隣同士がくっついている町ですから
まとまっているでしょうね、新市街の人より歴史を背負っていそうです。

もうすぐ始まりますからスタンバイです。
by いっぷく (2006-06-18 20:11) 

いっぷく

babies breat..さん:
海外に行って楽しいのは見たことの無いものを見れる時ですね。
百聞は一見にしかずという言葉の重さを感じます。
by いっぷく (2006-06-18 20:13) 

うお~憧れのチェコ!
瓦が丸みがあってお魚のうろこみたいでかわいい♪
ヨーロッパの建物の統一された色合いって本当に好きです。
エクステリアは公共だから日本もどうにかするべきだって最近
知り合いの方が言ってました。私も同感。
チェコ料理美味しそうですね。現地で食べてみたいな~
by (2006-06-19 11:48) 

いっぷく

まころんさん:
チェコ好きのまころんさん♪瓦の間にはよくトカゲなどを見かけます。
瓦屋根の間には虫とかのえさも多いのでしょう。
建物の外観や色をある程度制限すればそれによって町に統一性が出てそれを魅力に変えられるのに、バラバラ。
自由を制限するということで賛否両論あるのはわかるけど、
こういう町をみるとうらやましいです。
by いっぷく (2006-06-19 14:42) 

中世の雰囲気は大好きですね。是非、甲冑を着てあるくことを許してほしいものです。
この城、なかなかいいです。あと、緑の丘と川と赤い屋根。なんか、和みますね。
by (2006-06-19 22:22) 

TaekoLovesParis

中世の面影が残っていて、いい所ですね。
共産圏だったから、あまり新しい建物も立たず、こうやってひっそり
街並みを保てたのでしょうか。
by TaekoLovesParis (2006-06-19 22:41) 

いっぷく

Ikesanさん:
攻撃的な武器を持たなければ歩けるでしょう、人気者になること間違いないですよ。でも西洋のものは重くて装着するのも大変でしょう。
by いっぷく (2006-06-20 08:11) 

いっぷく

TaekoLovesPa.. さん
想像ですがチェコの人にも人気の古い町並みが残る美しい町として
国内旅行でも使われていたのでしょう。
昔から美しい城のある観光地として栄えた雰囲気を感じました。
by いっぷく (2006-06-20 08:15) 

mikachan

ほんとに可愛らしい街並みですね~。絵本の世界そのまま!
そういえばビールだけは美味しいって聞いたことあります。
まだ通貨はユーロになってないんでしたよね??
by mikachan (2006-06-21 06:48) 

いっぷく

ミカチさん:
チェコの通貨単位とユーロ通貨の国は以下のようになっています。

コルナ。補助通貨はハレル。
1コルナ=100ハレル。1コルナ=4.149円

ユーロ参加国:ベルギー、ドイツ、ギリシャ、スペイン、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、フィンランド。
by いっぷく (2006-06-21 11:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。