So-net無料ブログ作成

ギルフォード・ミュージアム [不思議の国のアリス]

 ギルフォードの旅行案内所の人に聞いたら
ルイス・キャロルの家にあった遺品が町のミュージアムに
展示されているということで、寄ってみました。 

Guildford Museum (1).JPG

ひっそりとした通りに小さなミュージアムの看板。
地図を持っていないと見過ごしそうなところです。

Guildford_2252.JPG

地方の公営ミュージアムは、たいてい無料で利用できます。
そして、いいことに空いています。その地の歴史や
自然環境など手っ取り早く知ることができて初めて訪れた人にとっては助かります。

ルイス・キャロル_2234.JPG

「不思議の国のアリス」などジョン・テニエルが描いた
挿絵を無名のタイル職人さんがタイルに残しています。

Guildford_2253.JPG

Guilford museum_2271.JPG

Guilford museum_2272.JPG

Guilford museum_2273.JPG

 

ルイス・キャロル家が保有していた物が
ガラスケースに入れられています。

ルイス・キャロル_2233.JPG

どこの家にもあったようなキャンドル・ホルダーですが
彼が愛用したとなると特別に感じてしまいます。
家の地下のキッチンの棚に2個吊るされていたうちの
一つと説明にありました。

Guildford Museum (2).JPG

身につけていた帽子とか日用品も。

Guildford Museum (10).JPG

聖書に出てくるシーンの絵合わせのゲーム。

Guildford Museum (3).JPG

彼の曽祖父は主教だったことからもして、
宗教的な物をいろいろ持っていたのだろう。

Guildford Museum (4).JPG

彼が撮った写真の多くは破棄されたり捨てられてしまって
残っていませんが、現存する写真の半数以上は
少女を撮ったもの。

Guildford Museum (5).JPG

それほど充実した資料がそろっているわけでは
ありませんが、その当時の様子がこうしたものからも
伝わってきます。
19世紀の村の学校の様子。
Guildford Museum (6).JPG

これもルイス・キャロル家族のコレクションから
Guildford Museum (7).JPG

郷土のミュージアムですから他の展示もいろいろあります。

クロスステッチをもっとご覧になりたい人はV&Aミュージアムの展示は
以前の私の記事でここから見れます

Guilford museum_2274.JPG

町に住むコレクターからの寄贈品のミニチュア・カーなど、
質の高い貴重なコレクションです。

Guilford museum_2275.JPG

Guilford museum_2276.JPG

Guilford museum_2270.JPG

この町を訪れるのは初めてではないのですが、
その時にはルイス・キャロルのことは気がつかずに
フット・パスを歩くウォーキングを楽しみました。
歩く目的で来ても楽しめる町です。


nice!(73) 
共通テーマ:旅行

nice! 73

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。